INQUIRY BLOG

福岡県在住、フリーランスWebデザイナー&ディレクターのブログです。

福岡県在住、フリーランスWebデザイナー&ディレクターのブログです。

楽天ショップのスマホデザイン時に気をつける4つの事

久々に楽天ショップに関する記事を書きます。
私も様々なショップ様のサイト制作・運用を担当しておりますが、
現在最も重視して行わなければならないのが、スマートフォン向けの制作・運用・施策です。

楽天市場全体でも売り上げ・アクセスが半数以上、PCを売り上げが超えたなどの話もあり、私の担当するショップ様も7割、ターゲットが若いユーザーのショップ様ですと9割とほぼスマートフォンからの売り上げがある事がわかりました。

そんな中、楽天ショップのスマートフォン制作時に注力したい箇所などをまとめました。

1.商品ページについて

やはりデザインに注力したいと目が行くトップページより、まず注力したいところが、商品ページとなります。

ショップへのファーストコンタクトは商品ページ

楽天ユーザーは、楽天市場トップページの検索ボックスや購入を検討しているカテゴリ、ジャンルのランキングなどからショップページへアクセス・コンタクトをします。
ですので、最初に見られるが、商品ページとなります。

サムネイルを充実させる

まず商品ページのファーストビューにスライド式サムネイルがあります。
「商品説明文」でしっかりとデザインをして商品ページを作っていても、スクロールをしないと見れません。 いかにファーストビューのサムネイルで商品の魅力を伝えれるかが重要です。
この場合は商品ページデザインから設置するだけでも良いですし、サムネイル用でしっかりと作るのも良いです。

バナー設置

商品ページに共通で設置できるバナーは限られています。
裏技(RMSのバグを利用したやり方)でフローティングバナーなども設置はできますが、どのページへリンクさせるかが重要です。
トップページやキャンペーン・各カテゴリへのリンクなど、商品ページから離脱させない設計にすると良いです。

2.トップページについて

ユーザーがショップ自体に興味を持ってアクセス・コンタクトをするトップページ。リピーターの多くも見るショップの顔となるページになります。
このページではデザインの前の設計が重要で、商品ページのように1つにスポットを当てるというより、 各商品を見やすく紹介し、再誘導させる仕組みを設計したり、ニュースエリアなど即効性の高い動きも入れれます。
また、サイトコンセプトや会社紹介など信頼感を伝えるコンテンツを設置しても良いです。

3.メニュー・ナビゲーションについて

現在様々なショップを見ていると、まだまだスマートフォン時のナビゲーションは、ドロワー形式が多いです。
1タップでカテゴリメニューなどを表示させれますが、合わせてその時に開催しているキャンペーンや注力カテゴリ・商品などのバナーもドロワーメニューに入れると良いです。
特に楽天ショップでは商品ページやカテゴリページは楽天のテンプレートになるので、トップページからのリンクは、着実に誘導したいページへのバナーなどを押す事が重要になります。

4.動画について

商材によっては難しいと思いますが、動画でアピールできる事があれば積極的に行った方が良いです。
EC業界全体でも、写真より動きや音楽で、商品の世界観をアピールできる動画は各ショップ様で行なっています。
楽天ショップのスマホでは、商品ページにはRMSの「動画(HTMLソース)」にアップロード動画を設置すれば、ファーストビューサムネイルに表示がされます。 また、トップページにもRMSアップロード動画を設置できます。

まとめ

年々、スマートフォンでの売り上げ・アクセスが伸びてきており、PCは注力しなくても良いということになってくるのでしょうか。
一概には言えませんが、ターゲットの層が若ければ、確実にスマートフォンに比重を置いて制作されるのが良いです。

【INQUIRY 2019】フリーランス5年目のご報告

後藤です。
2019年もあっという間で、もうすぐ半分が過ぎようとしています。
気づけば私も独立して、5年目に突入しました。

この度、事務所を移転しました、
それに伴い自身の事業やWEBサイトなどを整理しました。

事業の方向性について

これまでは私の屋号、INQUIRY(インクワイアリー)では「WEBデザイン」と「ディレクション」と幅広く色々なジャンルのサイト制作をしてきましたが、 今後は、現在多くの受注事業でもある「EC」も事業のメインとして行います。
最近はただサイトを制作するのではなく、ショップの方向性や長期の運用のお手伝いも多くなってきましたので、事業として明確に打ち出すことにしました。

ロゴ・名刺

名刺は、随所でブラッシュアップをしていましたが、独立以来、初めてロゴを一新しました。
前事務所でお世話になった、あおいろデザイン(江副哲哉さん)さんに依頼させて頂きました。
元々のロゴイメージや事業コンセプトより、1から考えて頂き形にして頂きました。

WEBサイトリニューアル

spiritofinquiry.net

2年半ぶりのリニューアルとなります。
リニューアル前のサイトも現在も周りから好評を頂いておりまして、お問い合わせも定期的に頂いておりますので、大きく変えるのも悩みました。
今回のデザインは、ロゴ・名刺をベースにリデザインしました。前回の黒ベースより、白を入れて、余白を大きくすっきりとしたイメージを目指しました。

写真について

前回同様、メインに自身が撮影した、福岡の風景をメインイメージにしました。
写真撮影は、ECの運用サイトでも担当しています。自身を発信する趣味として、今回は仕事としてもアピールしています。

事務所移転

今回の事業整理のきっかけにもなった事務所を移転しました。 2年半、平尾にあるシェアオフィスで活動してきました。 福岡へ移住して8年目、独立から5年目、より事業を拡大・前進できるよう、移転を決意しまして、 今月中旬よりデジタルハリウッドさんが運営する「G’s BASE FUKUOKA」へ事務所を移転し入居しました。

事務所を移転し、事業の整理も心機一転行いましたので、
少しでも前進できるよう、頑張っていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

楽天ショップ 売り上げを上げる7の施策

年度末が終わり、もう前半戦が過ぎました。
後藤です。
また久々の投稿になってしまいました。
今年もEC周りの制作・ショップ様ご支援をメインにお仕事させて頂いております。
色々なショップ様の運用をお手伝いしていると、必ずでてくるのが「売り上げを上げたい」事です。
ストレートですが、一番難しい悩みでもあるのです、ECは施策と検証の積み重ねが重要だと考えておりますので、私なりに普段運用で気になってる・行っている施策をまとめました。

1.メイン商品を作る

各ショップにとって、扱う商品数は様々、3000以上の商品があるところから、50以下の少ない商材で勝負されているショップも多いです。
何れにしても、メイン商品を作る事は重要だと思います。
また、その商品が他が扱っていないオリジナル商品だと強いです。

2.イベント特集を組む

ECでの定番「クリスマス」「正月」「父の日」「母の日」「バレンタインデー」「ホワイトデー」から、楽天の定番「スーパーセール」「お買い物マラソン」独自の「決算セール」「月1セール」などショップが、常に動いている・盛り上がっている印象をユーザーに与える事が重要です。

3.メルマガ改善

楽天では現在5種類、メルマガ送信方法があり、主流は「HTMLメール」「レスポンシブメール」の2択かなと思います。どちらかが良いかは実際私も検証中なのですが、
自由にレイアウト・デザインができる「HTMLメール」では様々なコンテンツを設置できます。
よくあるコンテンツでいうと「挨拶文」「概要(このメルマガではこんな事紹介しますなどの要約)」「商品や特集を紹介」「ランキング」「ピックアップ」「SNS」などです。

4.商品名改善

楽天内SEOでも重要とされている「商品名」項目の改善です。
今総合ランキングやレビューが多くついている、いわゆる「売れている商品」の商品名を見ていると、伝えたいことをきちんと整理して設定している印象があります。
ですので、「商品名」「売り(送料無料・季節のイベント・ポイント倍数)」「重量」「その他(ひらがなやカタカナ)」などカギカッコやスペースでさらに整理し改善していくと見やすくもなり良いと思います。

5.レビュー促進

されどレビュー、ユーザーはレビューをかなり重要視します。
最近では楽天内SEOでは重要ではなくなった傾向がありますが、楽天だけではなく、EC全体でもその商品の価値を高めてくれる重要な箇所です。
楽天では、「レビューを書いたら〜」「ポイントあげます」的なキャンペーンや伝え方が厳しくなりました。しかし、独自に商品到着後、レビューを書きショップに知らせるなどの仕様でキャンペーンや促進対策は可能です。

6.写真・動画のクオリティ

楽天ではショップを企業が運営していたり、個人でやられているショップもあります。
その中で、運営の規模感でなかなか写真のクオリティを上げれないショップもたくさんあるかと思います。
楽天では他のECと比べると商品ページが長いイメージがあります。そう考えると、ユーザーはコンテンツをしっかりと読み・イメージを膨らませて、検討を重ねて購入するような傾向があるのではないかと考えます。 商材にもよりますが、商品のインパクトを与える為にも一定のクオリティの写真(最近では動画)が重要だと思います。

7.広告対策

楽天ではRMS内に「広告(プロモーションメニュー)」があります。
様々な広告の申し込みや入稿ができます。
自ら検討して行うのも良いですが、楽天では各ショップに地域担当者などがいますので、 まず予算を伝えて、楽天の方と一緒に効果が出るプロモーションをしていく事が重要です。
私の担当するショップ様もやはり密に担当者とコミニュケーションを取り、広告対策はしっかり実行されています。

まとめ

楽天だけではなく、EC全体が簡単に売れない時代になってきていると感じます。
だからこそ、きちんとした施策と対策、オリジナル商材やコンテンツで勝負していく事が売り上げを上げることに繋がるのではないかと考えています。
皆様の少しでもお役に立てれば幸いです。

私のフリーランスWEBデザイナーとしての仕事について

今年も残す所、数日になりました。
後藤です。
今年もブログをなかなか更新できませんでした、、、
そんな中ですが、来年でフリーランスとして独立をして5年目に突入します。
振り返ることではありませんが、今回は改めて自分の仕事について書きたいと思います。

フリーランスWEBデザイナーについて

一般的なフリーランスWEBデザイナーの主に大きい仕事は3つに分かれるかと思います。

デザイン

PC・スマホ・タブレット・アプリなどの各種デバイスに対してデザインをします。

コーディング

デザインを元に構築していきます。
最近はレスポンシブデザインでのコーディングが多いです。

ディレクション

代理店経由の案件ですと、既にディレクターが別いるケースが多いのですが、
直接の取引ですと、ワイヤーフレーム・構成書の作成や案件進行・提案などのディレクションまで行います。

得意な分野について

福岡問わず、世の中にはフリーランスWEBデザイナーはたくさんいます。
私は得意な分野を聞かれれば、真っ先に答えるのが「EC」です。
他のデザイナーの方とは少し違い、会社員時代の約半分は自社でサービスやコンテンツを持つ通信販売会社に勤めていましたので、現在もクライアントから多く求められるのがECの分野になります。

ECが得意なWEBデザイナーの仕事とは

案件のタイプで言うと、、、

ECサイト制作

サイトの新規立ち上げから、既に販売稼働しているサイトのリニューアルまで行います。
独自システムを使ったサイトから楽天・YAHOOなどのモールショップまで、
案件によってはデザイン制作のみ担当もあれば、モールの審査・立ち上げから最後の公開までを行う場合もあります。

ランディングページ制作

単品通販のランディングページ制作やイベントページ、モール内の商品ページ制作を行います。

サイト運営・運用

EC制作・運用に関わる業務(デザイン・構築・各種更新・メルマガ・他販促業務など)それに加えて現在は商品撮影も込みでパッケージサービスとしてクライアントへ提供しています。

まとめ

フリーランスのWEBデザイナーといえど、行なっている案件や分野は様々です。
最近感じるのは、自身に武器を持つことは重要だなと思います。
ECといえば、私を思い出して頂けるように、来年もこの武器を磨き続けたいと思います。

「フォトエッセイサイト」ローンチ

またかなり久々になってしまいました、
後藤です。

この度フォトグラファーの方と共に、フォトエッセイサイト立ち上げました。

se.REGARDER

サイト名「se.REGARDER」はフランス語で「自分の姿を見る」という意味になります。
最初に写真を始めた時に、撮った写真はその撮った自分自身が映るような気がしまして、
色々考えたところ一番この名前がピンときて決めました。

1.フォトエッセイサイトを立ち上げた訳

写真を初めて3年ほどが経ちました。
最近では仕事でも撮っていますが、写真への初めての入口が「作品撮り」でしたので、 常に目標を持って撮影しています。
今年初めには、写真展への参加やフォトウォークへの参加など色々な刺激を頂き経験できました。
その後も写真を撮り続けていましたが、次へのステップアップとしてより多くの方達に自分の作品を見て頂きたいと思い、自身の仕事でもあるWEBを使うことにしました。

2.フォトエッセイサイトについて

今は、写真の伝え方が色々とあります。
特にWEBでは、InstagramやTwitter・TumblrなどのSNS、ブログ形式サービス、500pxやPASHADELIC、自分の個展を開催できる「coten」とわざわざサイトを作らなくても色々なサービスを使い発信できます。
今回のフォトエッセイサイトでは、1つのサイト(世界観)を通してそれぞれのフォトグラファーが独自の視点で作品を発信して行くことがコンセプトとなります。
SNSなどではタイムラインに流れてしまい、なかなか見て頂けない。また紹介した他のサービスも個人としての参加や賞を意識した使い方になってしまうと思い、自分で1つのWEBサイトとして発信していくことにしました。

3.これからのフォトエッセイサイト

現在は、共に立ち上げたフォトグラファーの方と2人ですが、このサイトを通じて色々な出会いがあればと思っています。まだまだ作品は少ないのですが、サイトの方もブラッシュアップをして盛り上げていきます。

よろしくお願いいたします。

フォトグラファーがそれぞれの視点で発信していくフォトエッセイサイト
se.REGARDER

Copyright © INQUIRY BLOG AllRights Reserved.