INQUIRY BLOG

福岡県在住、フリーランスWebデザイナー&ディレクターのブログです。

福岡県在住、フリーランスWebデザイナー&ディレクターのブログです。

売り上げを伸ばそう!楽天商品ページの作り方

後藤です。
このブログから最近楽天などECに関するお問い合わせを頂いていますので、一例ではありますが、楽天・YAHOOショップの商品ページ(ランディングページ)の作り方をご紹介します。

商品ページについて

単品通販でよく見る「ランディングページ」というものがあります。
画像が縦にバンバン設置してある長いページです。
ランディングページは、楽天などのモールでいうと、商品ページになります。
楽天だと「httpss://item.rakuten.co.jp/ショップ名/商品管理番号(商品URL)」の各商品ページです。

コンテンツについて

各コンテンツは色々詰め込み、長ければ良いという訳ではなく、商材によっても伝え方は違いますし、運営の中で数字を見て入れ替えたり、ブラッシュアップしたりと何度も試行錯誤が必要な重要なページとなります。
※今回ご紹介するのは新規で商品ページを作る際の一例です。

1.メインイメージ

要素例:キャッチコピー・商品名・押したい要素などのアイコン・写真
※メインイメージは最初にユーザーが見るファースト画像です。この画像だけでどういう商品なのかわかるように、情報設計します。

2.CV(コンバージョンエリア)

商品数が多いショップや商材の種類が多いショップでよくあるのですが、何をメインにしているショップなのかがわからないことがあります。
その場合はカテゴリをうまく分けて見せたり、ショップコンセプトコンテンツを設置したりとユーザーにとって分かりやすいサイトにしていることが重要です。

3.結果

商品メリットやデメリットの解消方法などを紹介します。ここで商品の必要性を提案します。

4.ポイントをピックアップ

商品内容を簡素化してわかりやすくカテゴリ分けして、説明します。
※商材によっては競合他社が多い中ことがあるので、他社にない売りや、こだわりなどを紹介します。

5.信頼

ランキング・受賞歴・メディア搭載情報などを紹介します。

6.安心

お客様の声などのレビューなどを紹介します。

7.サブコンテンツ

以下は商材に合わせたコンテンツを紹介していきます。

  • 色や柄のバリエーション
  • ブランド紹介
  • 飲み方、レシピ
  • 使い方

8.商品概要

「名称」「重量」「賞味期限」「原材料」「産地」「販売者」「製造者」

まとめ

あくまで一例となりますが、上記でお客様へ伝える必要なコンテンツを整理することができます。
書籍などでも例えられますが、メインイメージから最終的な成果の購入まで、営業マンのように問題を明確にして、解決方法を提示してセールスすることが重要です。

楽天ショップ制作でやってはいけない5つのこと

後藤です。
現在楽天ショップのリニューアル案件を請け負っております。
オープン時は最初のアプローチで軌道を確保し、リニューアル時にはすでに売り上げがあり、さらなる成果へ繋げなければなりません。
そんな楽天ショップでのオープンやリニューアルする時に、やってはいけない5つのことをまとめました。

1.デザイン主体で制作する

かっこいい、おしゃれなデザインは良いのですが、そもそも使い易い設計になっているか?を考え、デザイン制作に入る前に導線をしっかりと考え、カテゴリ分けを行い設計します。

2.トップページのバナーが盛りだくさん

トップページに設置してあるバナーだけで、50個以上のバナーが並んでいるショップを見る事があります。
多ければ良いということではありませんが、、、私が設計するときにはバナーに優先順位をつけて、大きさやデザインでメリハリをつけています。

3.スマートフォンが簡素

楽天のスマートフォン制作は、トップページをGOLDで制作して、その他特集ページなどをGOLDで作るのみで、商品ページは楽天のテンプレートになります。PCサイトはしっかりと力を入れてるのに、スマートフォンは簡素にバナーが設置されているだけのサイトが目につきました。
ショップや商材にもよりますが、スマートフォンの売り上げが年々上がってきていると思うので、トップページなどのデザイン・設計により力を入れた方が良いと思います。

4.売りたい商品がわからない

商品数が多いショップや商材の種類が多いショップでよくあるのですが、何をメインにしているショップなのかがわからないことがあります。
その場合はカテゴリをうまく分けて見せたり、ショップコンセプトコンテンツを設置したりとユーザーにとって分かりやすいサイトにしていることが重要です。

5.決済や送料情報がわかりにくい

ユーザーとのトラブルやクレームにつながりやすい、送料や決済情報がわかりにくいショップが多いです。 送料や決済情報はショップによって違うので一番ユーザーが気にするところです。
お問い合わせはメール・フォームや電話番号をきちんとわかりやすく設置しましょう。

まとめ

楽天だけではなく、その他ECサイトでも日々の運用を考えていかなければなりません。
管理画面RMS内のデータ分析で色々と細かいデータも見れますので、PDCAサイクルを常に回して、効果的に施策していくこと大事です。

WEBデザイナーがカメラをやってよかったこと

後藤です。
無趣味だった私がカメラにハマって2年半が経ちました。
私の周りは今空前のカメラブームで、仕事仲間ではカメラを持ってない人はいないんじゃないかくらいです。 今回はWEBデザイナーという私の視点でやってよかった事や、役立った事などをご紹介します。

インスピレーションについて

写真を撮る時は、アイデアやインスピレーションを大事にしてます。
色々な写真家の方の写真も多く見ますし、WEBサイトをデザインや企画をする時とも結構似ていて、発想力を常に高めることができているかと思います。

構図・バランスについて

写真では「三分割法」や「日の丸構図」「シメントリー構図」などがあります。WEBデザインでもサイトやバナーなどのデザインで、必ずレイアウトを考えます。
写真を始めてから、よりレイアウトやバランスを意識するようになりました。

色味について

撮影時はどんな色味が入っているか、どのくらいの明るさで撮ろうか、また現像時にどういう色味でレタッチしようかなど、色を考えます。
デザイン時には一つ一つの色を理解し、より考えて色を選定するようになりました。

Adobe Lightroomについて

普段仕事ではAdobe Photoshopでデザイン制作しています。
写真を始めてから「Lightroom」を使うようになりました。WEB系で普段からAdobeに慣れている人は、Lightroomもスムーズに使えると思います。
また案件でカメラマンさんとのやり取りでも多少「Lightroom」の知識があった方が良いです。

案件について

コーポレートサイトやECサイトでカメラマンさんの予算がない時は自分で撮影する機会が増えてきました。 よく写真をやると単価が上がるといいますが、案件規模や撮影内容よってはきちんとカメラマンさんに依頼した方が良いケースが多々あります。
クライアントや予算によって、フリー素材やストックフォトしか使用できない場合などは、自分で撮れるようにはしていきたいと思います。

まとめ

今回はWEBデザイナーという仕事と写真を繋げましたが、実際は写真がある日常は単純に楽しいです。 旅行も行きたくなりますし、自分の考え・視野が確実に広がりました。

自分はアンダーめ写真が好きで、作品撮りをしてます。
写真は無理せず、自分のペースで今後も楽しんでいきます!

Instagram

coten

【商用利用可】無料、有料サイトまとめ 8選

後藤です。 コーポレートサイトからサービスサイト、ネットショップまで、
WEBサイト制作における要素で、大事にしなければならないのが写真です。写真次第でイメージ・デザインが全く違う見え方・伝わり方になるほど重要な要素です。

案件によってカメラマンさんに依頼する予算があれば良いのですが、
どうしても予算がない場合に、写真素材サイトの出番となります。

写真素材サイトの中でも「無料・有料」「商用利用可能」「国内・海外」と用途によって様々な写真素材サイトがあります。
今回はそんな中よく使うサイトをご紹介いたします。

無料

無料で利用できるので、気軽に利用できます。
しかしフリー=無料といってもどのサイトでも自由にどこでも写真を使用できる訳ではありません。個人利用やロイヤルティフリー表記など必ず各サイトの利用規約等をご確認ください。

【国内】無料写真素材 写真AC

イメージ写真・物撮写真・テクスチャやパーツなど幅広く揃うサイトです。
基本無料ですが、ダウンロード数の制限の解除や複数の写真をまとめてダウンロードできるプレミアム会員プランもあります。
https://www.photo-ac.com/

【国内】ぱくたそ

幅広いジャンルの写真が揃うサイトです。特徴としてはコラボ企画などで少しひねった面白い写真や人物写真が多い印象です。人物写真はモデルリリースとそうでないものがありますので、規約ページをご確認ください。
https://www.pakutaso.com/

【国内】food.foto

料理に特化した写真が揃うサイトです。背景が白バックが多いので、合成などもしやすいです。
https://food.foto.ne.jp/

【海外】UNSPLASH

画像の権利はCC0で商用利用無料です。特徴はクオリティが高い写真が多数あります。風景写真などはサイトの背景やメインイメージなどインパクトを訴求できるな写真が多いです。
https://unsplash.com/

【海外】Pixabay

こちらもCC0で商用利用無料です。120万点以上の数があり、日本語検索もでき、基本的にある程度求めている写真がサクサク見つかります。
https://pixabay.com/

有料

よく仕事をしているとあるのが、有料ストックフォトサイトの利用です。
無料だとトラブルを心配したり、他のサイトで写真素材が被ったりするので、低い予算でバリエーション豊富な写真の中からセレクトして使用できます。

【国内】PIXTA

国内で有名な有料写真素材サイトです。ストックフォトの予算が出ている場合、国内の人物写真やイメージ写真も幅広く揃います。
https://pixta.jp/

【海外】Shutterstock

海外のサービスサイトなので、国内人物写真は少ないですが、イメージ写真などはPIXTAなどより揃う印象です。
https://www.shutterstock.com/

【海外】Adobe Stock

Adobeのストックフォトサイトです。クリエィティブ系のアプリとの連動や画像数が多いのが印象です。
また、月額プランも10点3,480円は他サイトに比べると組みやすいです。
https://stock.adobe.com/jp/

まとめ

写真が重要な今、無料サイト・有料サイト用途を考えて使われると良いかと思います。
私は3年前に写真を始めて、簡単な物撮りを最近するようになりました。

案件を企画から提案する時に、予算によってどこまでのクオリティの写真が必要なのかを見極め、 カメラマンさんへの依頼やストックフォトサイトの使用を検討することが重要です。

楽天ショップ 2018デザイントレンドまとめ

後藤です。 最近通販(EC)のお仕事が特に多いです。 今回は楽天で気になったサイトをカテゴリ別でご紹介いたします。 今のトレンドなど調べる時の参考に。

すっきりとしたシンプルデザイン

Habit(アンドハビット)

BOTANIST(ボタニスト)などのブランドがあり、常に楽天では総合ランキングに入っています。 トップページでは「ニュース・トピックス」「カテゴリ」「価格帯」がシンプルに見やすく配置されています。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/kobe-beauty-labo/

お風呂のソムリエSHOP

大きな余白を取っており、一つ一つのキャッチに目がいきました。 また、生活とリンクさせる見せ方や特集が多く、遷移させたくなるバナーなどまとまっています。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/bathlier/

大型スライドを採用しているサイト

JIGGYS SHOP(ジギーズショップ)

大型のスライドでカテゴリ・商品を紹介されています。モール系の商品カテゴリが多いアパレル系などは、ゴチャとしてしまう印象ですが、綺麗にカテゴリ分けもされていながら、インパクトもあります。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/jiggys-shop/

パフォーマンス・ウォーター VOX

サイト全体はシンプルな作りですが、スライドバナーのキャッチに目がいき、上手くスライドをいかしています。商品ページも写真やエリアを大きく取り、しっかりと作りこまれています。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/vox-official-store/

カード・グリット・記事風サイト

ハイ食材室

トップページは、記事風のレイアウトで、商品ページも読み物的な形で構成されています。 写真も綺麗で、モール系では珍しい作りのサイトです。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/hi-syokuzaishitu/

scope スコープ

トップページに珍しい縦バナーも設置された、記事風デザインです。商品ページも記事風で写真や動画も効果的に使われてます。
https://www.rakuten.co.jp/scope/

動画やイメージを前面に押し出すサイト

完全国産の美陽堂

サイトのデザイン・商品力・写真イメージに圧倒されました。1つの商品に対して、ブランディング・イメージ訴求がしっかりとされています。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/biyoudou/

お布団工房

ファーストビューに企業コンセプト動画を前面に押し出しています。トップページにコンセプトやカテゴリが見やすく配置されています。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/e-futon-kobo/

まとめ

  • よりブランド色を出したり、商品力に注力するサイトが増えている。
  • 生活をイメージさせる、写真やコンテンツをしっかり作りこむサイトが増えている。
  • 商品ページで説明する為、トップページはシンプルなデザインのサイトが増えている。
  • よりWEBの構築技術を導入するサイトが増えている。

Copyright © INQUIRY BLOG AllRights Reserved.